さらに過去の展覧会の情報は展覧会1(→)を見て下さい。


資生堂と言えば、お化粧をするという文化を作るために、各地でお化粧を広めるとともに、巡業しながらその周辺の暮らしや文化を根気よく人々に伝えてきた企業であり、その資生堂が1919年に美しい生活文化の創造を理念として作ったギャラリーが資生堂ギャラリーです。
資生堂ギャラリーでは、art eggに代表されるように主に現代アートを中心に展覧会を展開するほかに、生活を彩るものとして工芸の展覧会もしているようです。
美術館では伝えれない暮らしに近いところをより掘り下げてARTを展開しているようで、いつかあの空間で展示したいなと夢見ていました。
今回、ご縁に恵まれ、森岡書店の森岡督行さんのディレクションのもと、展覧会に参加させていただくことになりました。
暮らしに近いところという意味で、作品だけではなく、映像や写真も通じてものが生まれるところから使われる場までを会場では見れるようです(先日、搬入に行きましたがまだ全体は見れていません)
今回ハタノは、「絵描きの箱」というテーマをもって制作をしました。ある個人の趣向に沿って、箱を選び、箱を使う。
絵描きが、文房具好きであっても、古美術好き、紙フェチ、料理家、設計士、研究者などなど様々な人に置き換えてもらってもらえるように、ある一人の人物像を設定しました。
会場では資生堂ギャラリーの豊田さんがうまく文章で表現してくれていると思います。そしてなぜ箱を作り始めたのか?という部分まで。。。
是非、会場にお越しください。
じんわりと伝わるものがあると思います。

■「そばにいる工芸 」展 開催要項
主催:株式会社 資生堂
企画協力:森岡督行(森岡書店)
会場構成:51% (五割一分)
会期:2016年9月6日(火)~10月25日(火)
会場:資生堂ギャラリー 入場無料
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
tel. 03-3572-3901 fax. 03-3572-3951 URL: http://www.shiseidogroup.jp/gallery/?rt_pr=tr626


平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00 毎週月曜休

 

「残像」と「鼓動」
西山芳浩×大山求 also featuring ハタノワタル

SHOP & GALLERY YDS
7月30日〜8月7日
会期中無休 11:00〜18:00
最終日 17:00

【小慢・陶 紙 書法與茶的交會】展覽預告!
書道家 華雪+和紙職人 Hatano Wataru+陶藝家 打田翠
-
和紙 書法 陶藝 空間
三種全然不同的角色
在三位作家的昇華下與小慢 開始了對話

Hatana Wataru的和紙上
華雪將以生命的力度渲染參與的每位觀者
和紙製的茶席桌 暈染紋理的陶器

在空間中流動的
是令人屏息期待的生活中的力度
-
展期:8/4(四)- 8/14(日)
10:00 - 18:00
【8/4、8/5 作家在廊日】
-
【 開幕茶會】
茶會時間:8/4(四)
早場 10:00-12:00/午場 14:00-16:00
費用:1000元
地址:台北市大安區泰順街16巷39號
聯絡:茶會名額有限,欲參加請事先報名
02-23650017
xiaoman.cs@gmail.com
FB-小慢 Tea Experince

We will hold an exhibition in Shaoman(小慢) in Taipei(台北).
August 4 (Thursday ) to August 14 (Sunday ),2016
10:00 to 18:00
書家ー華雪     Calligrapher - Kasethu
和紙ーハタノワタル JapanesePaper - Hatano Wataru 
陶芸ー打田翠 Pottery - Midori Uchida

I think we want to create a space of tea by Japanese calligraphy and Japanese paper and Pottery.

[ Performance of tea and kasethu by shaoman owner ]
Date: August 4 (Thursday )
The morning of the meeting 10:00 to 12:00
afternoon of the meeting 14:00 to 16:00
Cost: 1000 yuan
Venue: 茶房小慢 shaoman
Taipei City 台北市大安區泰順街16巷39號
reservations : xiaoman.cs@gmail.com

「なづな なつの間」
 
モノにまとわる空気が
心地よく呼吸し
心地よく居られる間を

 菅沼淳一
 河合和美

陶屋なづなさんで開催される菅沼さん、河合さんの2人展
その空間をつくるお手伝いを小原聖子さんと2人でさせていただきます。
小原さんは真鍮でつくる「なつの花」
ハタノは和紙の什器や絵画でつくる「なつの間」

4人は台湾での展示で意気投合し
今回の展開になりました。
私たちの考えるお茶の席を作りたいと思います。

なづななつの間
陶屋なづな
奈良県北葛城郡広陵町馬見北9-2-6
0745-55-9117
http://www5.kcn.ne.jp/~naduna/


https://www.facebook.com/touyanaduna/

2016年7月27日(水)ー8月13日(土)
open 水・木・金・土曜日 11:00-17:00
7月31日の日曜日は臨時オープンします。
初日は4人在廊です。

DMの写真撮影とデザインをさせていただきました

く う き の こ き ゅ う

空間に広がる微細な振動をまとい
モノがその場にとけだす
場がモノにしみいる

M2 
http://www.gallery-m2.jp/


高知市はりまや町2-8-12
11:00-19:00(水曜日定休です)

小原聖子さんとの2人展
なんと8回目です。

カフェドグラスのhPより抜粋

 

 

『白を描いた理由』 ハタノワタル

@CAFE DU GRACE 921GALLERY  
住所: 〒709-0816 岡山県赤磐市下市92−1
電話:086-955-4548
 
2016年5月14日sat-5月22日sun
11:00-18:00
*水曜休み / 最終日16:00まで
*ハタノワタル14日、15日在廊
 
2010年に初めてカフェドグラスで展示会を開催して今年で4回目の展示会となりました。お会いしたころよく口にしていたことは「和紙にはもっと可能性がある。
僕はその可能性をもっと多くの人に伝えたい」。その言葉どおり全国のクラフトフェアへ飛び回り和紙の可能性を自らの足と言葉で丁寧に伝えてきました。あれから6年。
国内だけではなく、海外でも展示に恵まれ、作品制作と平行に建築の世界でもその可能性にチャレンジしています。
カフェドグラスの什器や御茶屋跡の床の間もハタノワタルの仕事の一つです。

この度の展示では、特定の外観表現や形ではなく、ただそこにあるというような肖像なき世界を和紙を通して平面と立体で表現します。多くの仕事をする中、
そこに白を描く理由をハタノワタルは感じたからではないでしょうか。楽しみでなりません。是非ハタノワタルの表現をご覧ください。

 

西麻布・桃居さんで個展を開催します。
http://www.toukyo.com/exhibition.html

紙の形展・hatanowataru

2015年9月11日(金)~9月15日(火)
11:00~19:00

紙という素材をもって、
人々は古来より様々なモノのカタチを作ってきました。

「器」
手におさまる。
食べ物という自然からの贈り物を受け取るモノ。
自然と人の間にある日々触れる境界。
もしかして、人が作れる自然にもっとも近いモノが器なのでは?
そんなことを思うと、様々なモノに形を変えてきた紙というもので
「うつわのようなもの」を作りたくなってきました。

今回、「うつわのようなもの」をオブジェとして捉え、
制作を進めています。
手のひらにのる形、口から底までの形状、装飾。

他に絵画、台湾茶や日常で使える敷板、箱などもございます。
桃居での個展ははじめてとなります。
皆様、よろしくお願いします。

台湾で展覧会をします。
真鍮作家の小原聖子さんとご一緒。
昨年開催した「○と□」の巡回展になります^^

小原さんとは西荻のギャラリーみずのそらを軸に何度も展覧会をしてきて
今度は海を越えてやりたいねって話をしていたところに台湾での開催となり、うれしく思います。
一番この展覧会を見てもらいたかったみずのそらの小峰さんは一緒に行けず残念だけど、天国で見守ってくれていることでしょう。

楽しんできますね

築夢日 和紙金工聯展

2015年8月1日(六)~9月1日(二)
台湾 襲園美術館-竹北樹院子
http://aheritage.tw

日,圓點外包覆著方形外框
日本和紙職人畑野渡的和紙,
就像是個樸實的方形平台,靜靜地,
襯托著日本金工職人小原聖子的黃銅飾品。
小原聖子圓圓而帶點不規則造型的小飾品,
總能激發每個人的靈感,
希望這次的展出能讓大家找回自己的夢想,
並透過實踐,讓夢想中的日常逐一實現。
八月,到竹北和我們一起築夢吧!

【 畑野渡 Wataru Hatano & 畑野幸 Yuki Hatano 】
-和紙,以最自然的方式存在於日常中,用最堅毅的韌性為生活包裝。
為了讓更多年輕人能認識和紙,畑野渡開始將和紙當成裝潢材料並用來創作各種作品。
由於和紙堅固耐用、好加工易上色,所以很適合應用於日常用品。
這次展出的作品以茶席及生活 中的墊板為主軸。
除此之外,也會展出信封、信紙以及和紙創作。
非常開心的是,畑野渡先生的太太畑野幸也為我們帶來多款特別的手作和紙包包。
一起來感受和紙的獨特魅力吧!

【 小原聖子 Seiko Obara 】
-跨越距離、年代和國籍,依然能找到彼此的共鳴點。
讓金工藝術帶您領略最細緻的美感。
以樸實的黃銅為創作素材,創造出令人愉悅的金屬工藝。
小原聖子在輕薄的黃銅板上以刻印的方式敲打出花紋,或將布料、紙、蕾絲等素材用模型取出形狀後,再製作各式零件組合成首飾或裝置藝術品。
精心為每一件作品打造最匠心獨具的美感,更讓金工藝術多一分想像與創新。
希望這樣的作品能成為大家綻放想像力的契機。

【 襲園美術館 A.Heritage.Art Center 】 -美好,來自每個人的日常生活。
期許來到襲園的每個人都能體驗這份平凡的美好。
「生活美學,情感聯結」是襲園美術館對藝術與生活的理念。
職人,全心投入專業領域並不斷提升技藝的人。
透過經驗的累積與不懈怠的鑽研,不斷將自己的工法推向極致。
襲園美術館提供了傳遞職人精神的平台,透過一次次的參與,深入了解職人精神背後的汗水與堅持,您會在生活中發現更多值得停留的美好!

5.23-5.31
クラフトステーションギャラリーではじまる「てのひらに」展のDM作品と作品撮影を担当させていただきました。

今までお世話になったまつもとを表わすと
ここでの出会い、ここからのつながりに感謝して
たくさんのYESをおくりたいと思いました。
それをてのひらに表わすと・・・
小さな箱にYESのハンコを捺した小さな和紙がみっしり入っています。
「YES」はオノ・ヨーコさんへのオマージュ

この企画展は、今年のクラフトフェアまつもと出展者の作家27名に「てのひらに」をテーマにイメージして作った作品が並ぶ展覧会で、
23日―28日クラフトステーションギャラリー
30日ー31日はあがたの森講堂棟2階教室
http://matsumoto-crafts.com/
で展示をしています。


5月30日.31日はクラフトフェアまつもとです。

大阪/MONOSTYLEさんで3人展
ガラスの鳥山高史さん、酒井由弥さんとの展覧会
2人の作品を支える形で、箱やら敷板を展示しています。
是非、お越しください。

MONOSTYLE
4月29日~5月29日の木・金・土
営業時間 12:00-17:00
大阪府和泉市いぶき野3丁目9-4
詳しくはホームページで
http://www.mono-style.net/

森の中での展示「空想時間Ⅱ」
今年は、荒川尚也、石井直人、ハタノワタルに加えて、鈴木隆さんのお面が森の中を過去、未来を行き来する空想時間をご提供します。

「空想時間Ⅱ」
荒川尚也 
石井直人 
鈴木隆 
ハタノワタル
2015年4月5日―4月19日(火曜日休館)
10:00-16:00
わち山野草の森
京都府船井郡京丹波町坂原ショガキ‐5
電話 0771ー84ー2041

森の中の静かな時間。想像する過去・未来。受け継ぎ、受け渡していく私たち。
森の中に小さな美術館が生まれます。作品を森の中に置く作者は荒川尚也、石井直人、鈴木隆、ハタノワタル。
普段より、モノと向き合い、つくり、暮らす作り手のわち山野草の森の中だからこそ、輝くメッセージ。ぜひ、受け取りにいらしてください。

美術の流れで言うと、もの派の影響を感じた2014年の空想時間。素材を扱う工芸作家だからこそできる表現となった。
荒川尚也はその土地にあった小学校の古建具を森の中に置き、過去のフィルターを通して和知の風景を見ることによって、昔の良き時代の思い出を刻む作品を発 表(表紙写真)。石井直人は丹後の浦島太郎伝説の玉手箱を丹波の地に配置することによって、過去の丹波の国を連想させた。ハタノは3.11の3年後に自ら 漉いた和紙を3.12に森に置き、溶けて森と同化する様子を展示することによって、放射性物質と自然素材の差を浮き彫りにさせた。
今年の空走時間はそんな表現を傍観するかのようなオブジェを作る鈴木隆が入ることによって、森と人と作り手と見る者の距離を縮めたい思いです。

主催 はるいろさくらまつり実行委員会
後援 京丹波町、京丹波町観光協会
   αステーション
協力 晴耕社、独華陶邑、ハタノワタル





2015年4月5日、会場であるわち山野草の森では山野草のイベント、身体においしいオーガニックフードのマーケットなどがある「はるいろさくらまつり」を開催しています。
空想時間Ⅱは、その会場から徒歩5分のところに広がる森の中で開催します。また、7人の作り手で作る「森の展示室」という展示即売会も4月5日に同時開催しています。
「はるいろさくらまつり」は下記のホームページをご覧になってください。
http://capocapo.com/haruiro-sakura-matsuri/





gallery's eye
桃居さんのブースに参加します。
この展覧会は2月13日(招待日)14日・15日(一般公開)に
元麻布のKaikai Kiki Galleryで開催するイベントで
工芸のギャラリーの視点にスポットを当てる興味深い展覧会です。
桃居さんのブースでは作品として1点のみの出品ですが
什器や空間構成、デザイナー島谷美紗子さんと桃居広瀬さんとともに冊子作りなどをしています。
裏方ですね^^
期間中、ずっと在廊しています。
各ギャラリーのインタビューは今後の参考になりますので、是非、一読して頂ければと思います。


http://gallery-eye.com/

https://www.facebook.com/galleryseye



渡辺遼(金属)×須田貴代子(金属)×ハタノワタル(紙)

2014.10.16thu - 10.22wed

12:00 - 19:00(最終日:17:00まで)


ギャラリー空の箱

東京都渋谷区恵比寿西2-11-7

 

安倍公房さんの作品に「箱男」という小説がある。実験的な作品の中に出てくる箱男の姿に、妙な憧れをおぼえる。
「箱はぼくにとって、やっとたどり着いた袋小路どころか、別世界への出口のような気さえする。」(箱男より)


この展覧会は、篠山colissimoに巡回します。




真鍮作家の小原聖子さんとの展覧会のお知らせです。

今回で6回目となる2人展なのです。

今までは物語的なテーマを決め、その情景に合うように展示をしてきましたが

○と□では、みずのそらの小峰さんのご提案で

2人の素材感をぐんと引き出した展示にしようと準備を進めています。

早い段階でテーマを決めて頂き、コツコツ制作してきました。

是非、お越しください。

初日10月4日と最終日12日は在廊しています!



○と□  maru to shikaku

2014年 10月4日~10月12日 11001900

       *6日7日はお休みとさせていただきます

 

OBARA SEIKO 小原聖子 

http://www.obaraseiko.com/

・真鍮で作る○のアクセサリー

・真鍮で作る○のオブジェ

 

HATANO WATARU ハタノワタル

http://www.hatanowataru.org/

・和紙で作る□の什器

・和紙で作る□の箱

 

場所:GALLERYみずのそら

http://www.mizunosora.com/

adress:東京都杉並区西荻北5-25-2

Tel/Fax:03-3390-7590

E-mail:gallery@mizunosora.com

※駅より徒歩10分 ※月火は定休日

海の京都・丹後のたからもの展 ―美しい布と雑貨とおいしいもの―
阪急うめだギャラリー


今回はガラス作家の荒川尚也さん、陶芸家石井直人さんの器を使った
空間の演出として参加しています。(自身の作品も並べています)
お隣には丹後のお酒のブースも・・・


京都は、意外と知られていないのですが、海に面している部分が丹後半島を中心に広範囲にあり、各地それぞれ興味深い文化があります。
浦島太郎の伝説、伊根の舟屋、天橋立や伊勢神宮の元の場所、日本海の大きな港としての舞鶴・・・
大陸とのつながり、各地に残る風習や温和な人々など、京都市内とは別の空気が丹波、丹後には流れていると思います。
そんな丹後の土着的な力強さを襖や空間に表現し、お酒の席を演出しました。


美しい丹後ちりめん(着物)や今回ちょこっと什器の提供をさせてもらう尊敬する染色家の堤木象さんや東かおりさん、お酒やおいしいものなどご紹介されていますので、是非お越しください。


平成26年9月24日(水曜日)~29日(月曜日)


24日(水曜日)・25日(木曜日)・28日(日曜日)10時00分~20時00分
26日(金曜日)・27日(土曜日)10時00分~21時00分
29日(月曜日)10時00分~18時00分


会場
阪急うめだ本店9階「阪急うめだギャラリー」
入場料無料

篠山で絵画の展覧会をします。

Complicated simple,such as Organic foods
Hatano Wataru-----VEGEWON FOODS
2014 8.29---9.23
■open12:00 - 19:00 
■close水曜・木曜日
■address篠山市河原町93-2
■tel & fax 079-506-3189

夕食座談会:複雑なシンプル
日 時/9月13日(土) 18:30~20:30
参加費/ 2,000円(夕食付・定員20名)
本展示会のテーマは「Complicated Simple (複雑なシンプル)」。何気ない、普段の暮らしの中にある"当たり前(シンプル)"を辿っていくと、その複雑な過程や背景に気づかされます。ハタノワタル をナビゲーターに新鮮で美味しい野菜を使った料理を食べながら、その"気づき"を体感する夕食座談会を開催します。
*事前予約が必要です。(→ベジワンフーズ)
079-506-3189 / vegewon2011@gmail.com
*お子様同伴のお客様はご予約の際にお知らせください。

この展覧会は、篠山で9月13日~23日(16.17日は休館)に開催されるまちなみアートフェスティバル2014・丹波篠山の一環として展示しています。期間内は篠山の町屋が美術館に変身。芸術の秋、おいしい秋、丹波篠山でお会いしましょう。
詳しくはまちなみアートフェスティバル2014のHPにて  
http://sasayama-art.com/

初の海外個展です。


和纸的表情——畑野渡·作品展
【活动时间】
2014年9月6日-9月21日
【活动地址】
无锡市滨湖区湖滨路11号 万科运河外滩2楼·失物招领


中国の無錫にオープンするLost&Foundで来週末より個展をさせていただきます。
和紙の魅力、自分のつくる面の表情、うまく伝えれるようにコツコツ準備をしてきました。
個展に先駆けて、Lost&Found内の茶室の施工もさせていただきます。

この展覧会をするにあたり、Lost&Foundスタッフの皆さんには。ずいぶんお世話になっています。

ありがとうございます。

国際的には緊張感が続いていると報道されていますが。
それは、国益云々の問題であり

美の前には、問題にならないのではないかな?
手仕事を通じて、様々な人と交わり、親交を深めればと思います。

そして、間違いなく、自分は多くを学んでくると思います。

いろんなものを発信し、吸収してきたい思いです。

よろしくお願いします。


http://www.douban.com/event/22480136/


http://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MjM5ODk1MTM2Mg==&mid=203124790&idx=1&sn=b9a51e2ddff2bd1e9d978797bda21676#rd


http://weibo.com/landf2008

札幌のAch so neでの個展は
8月1日(金)-8月5日(火)11:00~19:00
色というものに立ち返って、制作したものを展示します。

大学卒業後、向かったのは北海道で、当時は農業をしながら制作をしていました。
思いでの地北海道での初個展です。
8月1日は在廊していますので、是非お越しください。

クラフトフェアまつもと

5月24日・25日

松本市あがたの森

周辺に駐車場はございません。

できる限り公共の交通手段でお越しください。

そして、今年は30周年

楽しいこと待っていそうですよ。

5月18日、20日、22日、25日、27日、29日
新潟のfika bagerietで開催しているたねん.さんの展覧会に参加させてもらっています。

fika bageriet
http://fikabageriet.jimdo.com/

新潟県 五泉市三本木2−3−23
営業:火、木、土曜日 11時~17時

たねん.
http://tanen.jugem.jp/

 

作り手:

アトリエユヌプラス
エフスタイル
今野安健
斎藤伸絵
ハタノワタル
の5人です。


それぞれの草色を表現しています。
お近くの方は、是非行ってみてください。

ハタノワタル個展「思い出をとっておくところ」
5.2---5.13
&Anne展示室 滋賀県彦根市中央町4-35 


3.11以降はじめた、箱の仕事。
深めの名刺サイズからはじまり、浅めの名刺サイズ、
筆箱サイズ、A5サイズの道具箱。
そして、この春から、A4サイズの道具箱もできました。

空想時間

「空想時間」

ガラス・荒川尚也

陶器・石井直人

紙・ハタノワタル

の3人展です。

4月6日~13日
わち山野草の森内

森のステージ

カブト虫小屋のステージ

2箇所で展開しています。

WATARU HATANO
reverberation

 

カフェ・ド・グラス 
岡山県赤磐市下市92-1
tel/086-955-4548


12 | 14 (sat) - 12 | 25 (wed)
 *closed(wed)
10:00-18:00
fri,sat,sun/-19:30まで延長
 *last day 16:00

ハタノワタル 初日在廊
展示会詳細

枯白・玉蜜・ハタノワタル 三人展

古き良きもの

 

ta-na

大分県大分市府内町1−4−9日香園ビル2F
tel/fax 097(532)1988


2013年 12月14日(土)〜 12月24日(火)
会期中のお休み 18日(水)と 22日(日)
営業時間 13時 〜19時  15日(日)と最終日は17時まで

「静かにおもう」

ギャラリーnoir/NOKITA

2013.12.7(土)~12月23日(月祝)
10:00~17:00
木曜休み

参加作家
上野陽一(羊毛)、小原聖子(真鍮アクセサリー)クロヌマタカトシ(木工)
西別府久幸(オブジェ)ハタノワタル(手すき和紙)藤田千絵子(陶)
保手濱拓(絵画)増満兼太郎(皮)吉田次朗(陶オブジェ)吉沢小枝(オブジェ)
わたなべいくこ(絵画)

NOKTAでおこないます。

北海道札幌の Ach so ne-アソネー さんで開催中の
「冬のおくりもの展」に参加しています。
札幌市中央区大通西16丁目3-27 美術館前片岡ビル2F

12月4日~16日(会期中無休です)
11:00~18:30

詳しくは、Ach so ne さんブログで
http://ach-so-ne.hatenablog.com/

Christmas Exhibition  森の国から 2013

12月4日(水)~12月25日(水) (月・火定休、ただし、12/23,24は営業)

 


今年も森の中から生まれたような、自然な美しさをたたえたモノ達がたくさんやってきます。クリスマスの贈り物にも。また、今年もリース作りのワークショップを行いますので、ぜひご参加ください。



出展作家(各作家の名前をクリックしてください。その作家HPとリンクしています)

<陶磁器> 加藤かずみ, 竹口要中川雅佳萩原千春, 前川幸市松塚裕子  <ガラス> 東ユキヤス  <木工> 名古路英介,川端健夫   <布・フェルト> 今野恵yuuku     <絵画・立体> 高田竹弥, 深尾竜騎  <革> 稲井浩志  <和紙> ハタノワタル  <紙造形> 宮下香代 <古道具> 小泉攝 <和ろうそく> 大西巧  <ハンコとオブジェ> ペブル印房 <鋏> TAjiKA 
 
 
■関連イベント■
・12/8(日)「クリスマスリース作り」
   時間:第一部 10:30~  第二部 14:00~
 定員:各回10名 参加費:3500円
        お申込は店頭、TEL、mailにて