デモに行ってきました。

デモに行ってきました。

めっちゃ人が集まった東京ではなく大阪・関電前。
それでも2200人!めっちゃ多く感じます。


明日からはじまる展覧会「ワカバン展」のDMの隅に「原発のない世界へ」

と書いてあるため、

そのイメージを膨らませるため、大飯原発再稼動反対の意思表示をするため。


大阪関電前も、毎週金曜日、抗議デモを開催してるので、いける方は是非!



デモに行ってきて思ったことは
ひとりが声をあげることによって何かが変わるといえばとても難しい
でも、声をあげる
仲間が集まる
たくさん集まる
今まで、無視していた人がすこしづつ意識し始める
さらに声をあげる
マスコミが無視できなくなる
マスコミが正しい情報を少しは流すようになる
政治家が無視できなくなる
ここで、やっとこさ、原発の事に関して
同じ土俵の上で推進か?反対か?
の議論ができるようになってくる。
そうなんですよ。
脱原発運動をしていて、何がつらいって
推進の人達と同じ土俵の上で議論ができないということ!
だから、もっともっと声をあげていくべきやねん。


同じ土俵に立つまでは
代替案なんかなくてもいい
原発なくなって電気なくなったらどうするの?って問いに答えられなくてもいい
騒いでるだけって言われてもいい
ただただ感じる妙に納得できない感覚だけを
伝えていればそれでいいと思う。
そして、初めて、ほんとうに原発は必要なのか?という議論がはじまる
はじまらなければ、もっと数を増やしていけばいい
ネット上で拡散しまくったらいい
同じ土俵の上できちんと話しがはじまれば
大きな転換がやってくる。
だいたい、原発の代替案って聞いてくる人って何?
原発なんか個人の力でできないのに
その代わりを個人に求めるのはナンセンス
大きな地域や国という中で、見つけていけばいいやん。

福島の事故で多くの人が被曝を強いられている
そして、そういう状態にありながらも
人と人の対立を生み出し、深めていっている
ココロはとても傷ついている
なゼ、このような状況になるのか?
その原因は議論なき経済優先の原発政策だからではないのかな?
彼らのために私達ができることって
声をあげていくことでしかない!

 

 

 

 

下のイラスト、メッセージははプラカードに使ってもらってもいいです。

是非使ってください