7.29脱原発国会大包囲に参加しました。

 

7.29脱原発国会大包囲に参加してきました。

あまりにも多くの人で全体像は帰ってきてからネットで見ていますが
その中の一つの点になっていたんだと改めて昨日のことを思い出しています。

当日、とにかく声をあげること
もう見たくない原発54兄弟をうたうこと
に集中していましたが
私たちが大飯、高浜原発30キロ圏内の綾部からやってきた理由
綾部のくらしや、文化伝統を守ってほしいとの声に
多くの人に励ましの声を頂きました。

原発に反対の声をあげるには様々な方法があります
デモも一つの方法で
このように大きなデモになり、
その中の一つの点になっていたことが、また多くの点を生み出す結果につながっていくんだと思います。
選挙等々の結果を見ていると
まだまだ声は足りていないのかな?
民意が反映されている国にはなっていないのかな?
と思いますが
これからも、コツコツ原発反対の声をあげて行きたい。
未来に続く暮らし
子ども達に帰るところのある大地を残していくこと
そんな思いです。
(実際、今住んでいる家を買うか?買わないか?迷っています。大丈夫か大飯?高浜?美浜?敦賀?)

それと、綾部からのバスツアー参加の皆さん
どうもおつかれさん!
帰りのバスの中で気づいたのだけど
参加者皆、自給農をしてたんやね。
ほんまに次の世代にもいい綾部のこしていきたいね^^