紙を干す

この紙に関しては今まで、何万枚って干してきた。
黒谷の伝統的な紙なんですが、伝統的と意識したことはほとんどなく、頼れる素材って意識して仕事しています。
その為、在庫が少なくなってくると、焦って紙漉きをしてる(汗)

伝統的な仕事の厳かな感じとか全くなし(汗)

でも、これが日本の紙なんやな~って意識はしています。

 

伝統というのはどういうことなのかな?

そう意識することで見えてくるものは過去からの流れ、過去の音。

そこからつづいていくものが見えることは確かです。

でも、その観点を抜きにモノを作るものとしては、

その意識と重さが邪魔者のように感じる時がある。


 


先日、友達のすすめで金沢21世紀美術館に行ってきた。
http://www.kanazawa21.jp/

工芸未来派展を見に・・・。

 

この展覧会で見れた工芸作品には

今の僕が向かっている工芸とは違う感触があった。

作品それぞれに音を感じたり、風を感じたり、インナービジョンを感じたり・・・。

表現をしている。

好きか嫌いかはともかくとして、

表現というもののすばらしさを改めて感じることができた。

 

どちらかと言えば、自分の進んでいる工芸は恥ずかしい話

shopに置かれているようなモノ。
雑誌にでそうなモノ。

だから、そういう見せ方をしてきたと思うし

そういう展開をしてきたと思う。

そこで、生きていこうと願っていた部分もある。
ただここ数年、何か窮屈さを感じ、本来の自分の表現である絵画というモノにもどろうとしている。

そこには、和紙という概念はあってはいけないものだし

まず表現ありきの世界。

日々の感じる広く大きな包まれた感覚を表現したいと思う。

 

先日、黒谷の工房に福田十糸子さんが見学に来られた。

http://www.fukudatoshiko.com/

福田さんの作品をはじめて見た時、衝撃を受けた。

マークロスコの世界を立体で、しかも小さな作品で表現してると思った。

その後、何年か経って、福田さんの作品が和紙でできていると知り

その和紙が黒谷を使っているということを聞き、改めて驚いた。

作品を見るのに和紙の張子であるということは関係ないことだし

作り手として、意識させてはいけないことなんでしょう。

ほんとうに素敵な作品を作る方なので、機会があれば見にいってくださいね。

 

 

素材というもので、モノを見ようとするとき、

時々、意識の空間を閉鎖してしまう。

その分、ものの見る集中力は高まるが

所詮、閉鎖されたものなのではないのかな?

和紙職人として、集中してモノに向き合う一方、

もっと、広がりのある場所に向かっていってもいいのではないのかな?

今、そんな風に思っています。

 

ちなみに、最近作った名刺は

創る和紙職人の肩書きはなくして

「ハタノワタル・脱原発・表現・和紙」としている。