古民家

築70年ほどの古民家の寝室に選んだ紙は

小豆色の紙。

建具は白に近いグレー

落ち着いた空間をつくりたくて

お施主様と意気統合し

紙を作りました。

 

下の写真は居間になる空間。

荒材むき出しになっていたので

柱その他、木の部分を着色しました。

柿渋を塗ったのち、顔料を数回塗っています。

来週あたりに白っぽい土入りの紙を施工します。

小豆色の部屋、グレーの部屋。

他に左官屋の小畑くんとコラボする部屋の襖

こちらは市松にデザインした渋めの紙を張ります。

また写真UPしますね^^