瀬戸内生活工芸祭から帰ってきました

瀬戸内生活工芸祭、無事終了しました。
ブースを、のぞいてくれた皆さん、どうもありがとうございました!
この工芸祭、かなりおおががりな準備をされていて準備の苦労大変だったと思います。
実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。

ありがとうございました。


今回は和紙のイメージが変わったとおっしゃってくれる方々にたくさん出会い

今までやってきたことが改めて正しかったのかな?

と正直喜べる工芸祭でした。

でも、さらに気を引き締めて、もっと深く表現をして行きたいって思いも深まった2日間。


楽しかった~(^-^)


瀬戸内生活工芸祭が終わり
以前から行きたかった剣山に行ってきました。
吉野川を真ん中に北は女性的な山がひろがり
南の剣の方は、険しい山がひろがっていました。
紅葉で美しい山々を一日感じながらのドライブ。
途中、降り注いでくる光の中に落ち葉が舞い
透明感あふれる沢に落ちていく様子は
四国に来たことの意義を感じさせてくれ
ほんとうに気持ちいい時間でした。

 



山と山の間にうまれる空間に興味があります。
山にふくまれた養分と水は
下方へ流れ
豊かな暮らしをつくってくれます。
そして、谷間の空気は
天の光を注がれる時間を待つかのように

静かに流れます。


剣に向かう途中、山にへばりつくように建っている家を何軒も見ました。
暮らしが山と共にあり
山に包まれた営みから、何を選び
何を生み出してきたのかな?
そんな思いに創造力をかきたてられ
自身のモノ作りの背景に背負いたいものをもう一度考え直す機会を与えてもらいました。

そういえば、瀬戸内生活工芸祭で見た赤木明登さんの作品に
赤木さんの伝えたかったもの
背負ってきたものが伝わってき
3000個の漆碗に込められたメッセージをあらたに感じました。

瀬戸内生活工芸祭に参加させていただき
ほんとうによかったな~

うどん、うますぎ^^
(すし屋で寿司も食ったで~)

さてさて、もうすぐ12月!
12月の展覧会は4箇所
ぼちぼちきばります!

viva四国!
美しい~(^-^)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    きなこ (火曜日, 27 11月 2012 17:17)

    工芸展で きなこ色のブックカバーを 買いました。とてもしっかりしてて いい手触りです。友人にプレゼントしたいのですが
    郵送など 可能ですか?
    優しい笑顔で 応対していただいて 寒さにちょっとやられてたのに あったかくなりました。(●^o^●)