明日の選挙にそえての自分なりの考え

 

原発を止めたとする。
経済成長で便利さを求めた結果、生まれてき、さらに余分となっているものを淘汰していく。
例えば、コンビニの出現によって、そんなに必要?って思う自動販売機、それに、こんなに必要?って思う外食産業。携帯の普及によってなくなってきた電話ボックスのイメージ。
昼間に必要な電力は節電、省エネ製品、企業の自家発電を推進し、自然エネルギーの活用を考えていく。
生まれてきたリストラは、人の足りていない農林水産業に回るようにしていく。
そこで、問題となるのはTPPで、今、アメリカ言いなりの自由貿易なんかやってしまえば、日本が本来きちんと目を向けていかなくてはいけない第一次産業、一網打尽じゃないかな?
簡単に考えて、巨大な耕作地を持つ国で、遺伝子組み換えなどで除草剤に負けない食物を作る国にかないっこない。ここは独自に金銭的ルールを決め、きちんと続いていく第一次産業(こう言ってしまうと、なん

か競争社会のイメージが強くなるので、命のために必要な衣食住をつくるための基本的な仕事と言ったほうがいいかな?)
さて、どうやって農林水産業に人を回すかといえば、簡単です。現在の日本の生活に合わせた価格の設定を国が行えばいいのでは?
今現在お米の値段は、けっこういいもので30キロ15000円くらいです。30キロあれば、5人家腹いっぱい米を食べてもあまるくらいではないのかな?その米を買うのに必要な労働は、月収30万程度の人で約1日分の日当(給料を日当換算するのもなんですが、わかりやすく)で買えてしまう。主食ですよ!!!給料の大半を税金と不動産でもっていかれてる!!!それと、現代人の贅沢にもっていかれてる。計画もって買い物してれば、自動販売機はいらないし、24時間営業のコンビにも必要になる人少ない!
命のために必要な衣食住をつくるための基本的な仕事の金銭的な価値と言うのは、気候風土によってかなり変わってくるので、これは、国がきちんと設定してもいいのじゃないかな?基本的には米の値段は30キロ30000円!(これでも主食のために2日の労働)ここまであげれば、変に補助金ばら撒くよりも効果的に仕事につく人が多くなる!
なんとなく産業を盛り上げるために、農産物の価格を下げてきたんじゃないかな?しばらく前までは、農協が価格を牛耳っていたわけだし、、、。水産業に関しては、わからないけど、林業なんていうのはひどいもので、山で一生懸命育てた木を売れば、下手したらお金をもらうよりも、払わなくてはいけないくらい。きちんと安定価格で労働に見合う価格を設定すれば、仕事に従事する人も増えるわけだし、山もきれいに保たれ、問題の獣害も減る方向に向かっていく。
簡単ではないけどね。すぐに結果出るなんて思ってないけど、だからこそ、国主体でやっていくべきではないかな?
国の抱えている無駄と必要のバランスを考えれば、人手はいるわけだし、雇用も生まれる。
敦賀の廃炉の問題で、敦賀が終わってしまうみたいな報道をしきりにしてたけど、一つの企業がなくなったとしても、町が終わるって思わなくてもいいと思う。実際、綾部でも大きな企業の工場が閉鎖された時、印象として、何も変わってない。そりゃ、関連企業とかは大きな痛手だと思うけど、原発推進してきた国がストップかけてるんよ。地元はあきらめてもらうしかないでしょ。マスコミは他の原発はどうなんだ!って叫ぶべき!
実際大飯原発も、活断層の危険あるっていいながら、もう一度審議するだって。審議する学者を買収して、もう一度やるつもり?
こんな審議、綾部としては反対!!(だと思うけど、原発マネーにとらわれてるとするとどうかな?きちんとした判断できるのかな?
続いて、戦争です。
はっきりいって、国際的な不況によって、他国に意識をもっていくために国民が踊らされてる!って言い切っていいんじゃないかな?これは、中国も韓国も北朝鮮も同じ状況と思う。
不況だから、国への目を他国に向ける!
考えてみてください。
中国のバブルが続いていたとしたら、日本を気にするかな?
中国バブルは終わりつつあるってことのサイン?
日本企業は中国にどんどん進出していて、これは、裏を返せば、日本の技術を海外に無料で提供してる状況。
他に欲しいものって?
後期高齢化の進んだ、資源のない日本を抱えても、しんどいだけ。
しかも、日本はアホほど借金抱えてる。
いらんよね。
それでも、金儲けできると狙っている個人の投資家は、山林を買いあさってるかも知れないけど、国を挙げて、戦争しても欲しい国?
漁業の権利は欲しいかもだよ。
でも、尖閣諸島の海域をおさえるために国際社会の目を気にしながら、戦争????

日本国内に言えば、自衛隊はかなり優秀と思う。(だいじょうぶ!かなり金もかけている!)
今の日本、他国を攻めることがなければ、自衛隊で充分防衛できるんではないかな?そのための自衛隊やんね。それをせめられるかもしれない、国防軍にする!って、ほんまに意味わからん。
もし日本を責めると言う理由があるのであれば、アメリカにちょこちょこくっついて、言いなりのくせに、大きな顔してるから、むかつくってくらいの理由じゃないかな?
これは、多くの日本人が気づいていることじゃないかな?
じゃあ、そこを直せばいいやん!
その発想が何故政治家に生まれん?
確かに、その世界にどっぷりの政治家の方々はしょうがないと思うよ。
でも政治家って更新されていくわけやん。若い人、やる気のある人にバトンタッチしていくわけやん。何故、新しい人が、アメリカの手下みたいな国にNOを突きつけ、自活した国を目指さない?
自国の文化を大切にし、資源が乏しくても、自活し、質素だけど強く暮らしているって国ということになれば、攻められる?
ということは、やっぱり、自分達の足元をしっかり見つめる時なんじゃないかな?
だから、こんな時に、TPPは反対!
これには、きちんと理由がつけれる!
日本と他国では、基準が違うのよ!
こんなことまで、一緒にされたら、足元すくわれる!
こんなことで、憲法変えようとしている、自民、公明、維新、(おそらく民主も)は反対なんです。

でも、消費税はしょうがないと思っている。
これに反対している人の意見は聞いてみたいです。

浅はかな考えかも知れません、
でも、僕はこのような考えをもって、明日の選挙にいきます。
そして、天を見上げるのではなく
地を感じる暮らしが必要な時代がきたのではと思います。
農林水産業がサラリーマン以上に収入がある
なぜなら、それはわたし達の命を守るために必要な仕事をされているから・・・。そんな思いが日本に深く根付く世の中に変わっていけばと思います。
最後に、僕の住んでいるところは過疎高齢化の進んだ場所です。
この流れは止まりません。
昔、千人近くいた小学校が、今は50人程度になっている地域です
これは、残念ながら、政治がつくった問題だと思っています。
福島原発事故で感じたように、都市中心の政治。
流れの先に権力、財力が集中する仕組み。
共に、生きていこうと言う時代に戻らなくてはと思います。
教育の問題もあると思います。
ちなみに、僕が子どもの頃体験した教育は、受験戦争です。
優劣がすべてと教え込まれたような気がするし
今でも、その名残が自分の中にあるのを感じます。
昔の日本には、神様、仏様、お地蔵様がいました。
それぞれに、大切な物語があり、お供えをする習慣を教えられました。
地蔵さんがおいしくおにぎりを食べました、みたいな話、聞いたことないですか?
それは、貧しい人が、お布施の食べ物を食べることを許すために、美化した話と思います。
食べ物をお供えする人、それを影でいただく人の関係が、教育(こういうと硬くなりますが)で教えられていた。
美しいじゃないですか?

明日の選挙、どういう結果であれ
脱原発、TPP反対、反戦争を訴え続けていきます^^

長文、すいません。