楮畑にて

楮畑に立ち
和紙について考えた。
なんで、こんなに高価なものを作っているのかな?
でも、待てよ?
昔のくらしの中の和紙1枚の価格と
今のくらしの中の和紙1枚の価格
どれだけの差があるんやろ?

もっとわかりやすくいえば、お給料と和紙の価格。
月30万円稼いでいる人から見て、1枚350円の和紙。

昔の人から見て、和紙はそれはそれは高価なものだったと思う。
だからこそ、工夫して、使い倒した。
1枚の紙を2枚に分けたり(紙は積層なので、分けることもできる)
使い古した紙に柿渋を塗って、のら着にしたり・・・・

素朴なくらしや、シンプルな流通を求めて
和紙の世界に入ってきたと思う。
そこには、人と人のコミュニケーションや
過去からつながってきたもの、その先につながっていくもの
があるような気がして。。。

今日は、近所の「ぼっかって」の2人の家の玄関に貼る紙を作ります。
彼らは、自給農を目指し、現金収入と町と田舎を結ぶコミュニケーションの場として、民泊をはじめ様と準備中です。
きっと、素敵な空間が出来上がってくると思います。
ごはんは、最高にうまいよ^^

 

 

 

 

 

 

 



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Floretta Levens (水曜日, 01 2月 2017 01:32)


    Fantastic goods from you, man. I've understand your stuff previous to and you're just extremely wonderful. I actually like what you've acquired here, certainly like what you are stating and the way in which you say it. You make it enjoyable and you still care for to keep it wise. I can't wait to read much more from you. This is really a tremendous web site.