着地点

着地点は、イメージの中の空間
イメージとはややこしく
そこは、3次元と写真で切り取ったような空間でもなく
何層も重なり、交じり合ったところ
時間とともに空間はゆがみ
細部にいけば、全体はとけてなくなる

イメージの中の曖昧な絵画を、引っ張り出して
2次元に納めようとするのだから
平面っておもしろいと思う。

今日は確定申告も終わり
アトリエで、ああでもない、こうでもない、こうでなかったとか
こうなるはずとか
およそ、不確かなイメージとチャネリングしていた。

疲れた。
甘いものたべよう・・・^^