納得!

今日なんとなく感じていた疑問が、少し納得した。

星川淳さんがシェアしていた記事より。
---------------------------------------------------------------------------------

吸い込んだセシウムが放射線を発射しながら血管の中を流れる。この放射線が、血管の内側の壁(内皮)を猛烈に破壊する。すると、血管壁(心臓以外の全身の任意の血管壁であればどこでも同じ)の中からアテロームという粥状の脂肪が浸出する。このアテロームが心筋梗塞や脳梗塞の原因。

----------------------------------------------------------------------------------

心筋梗塞、脳梗塞、鼻血や肺炎や様々な炎症など、なんとなく納得できる。

そして、この星川淳さんは、僕が大学生の時影響を受けた本
「地球感覚」の著者。(スワミ・プレム・ブッダ著)
FBでつながれるとは夢のような話で
その本のどこかに
人類はVの字に帰っていくと書いてあったと思う。
高度に経済成長を遂げた人類は過去に学び
過去に帰っていくのではなく、また新しい世の中をゆっくりもどっていく。
その時はIターンではなくて、Vターン・・・。
(詳しいことは20年前のことなので、忘れました)
すごく納得した。
そして、そうなると信じて、今に至ってると思うし
少なくとも、そのような流れは感じている。
まわりでは、若い移住者は田畑を耕し、少ない資源で循環する暮らしを楽しんでいる人が増えてきている。
僕は反省するばかりだけど、星川淳さんの書いたことが正しいのであれば
僕よりも若い世代が少し新しいスローなくらしをしていくというのは、当然のことで
流れは、加速していくと思うんです。

何を言いたいのかと言えば、
今の世の中の流れ、ちょっと、やっぱりおかしいと思うんです。
豊かさの追求がどこか違う方向へ向かっていて、さらに加速してる。
格差という言葉の中で、比較によっての判断しかされていないような。
そのため、どこまで行っても、相対的な安心とか優劣で得られる豊かさのような気がして・・・。
安心とか、豊かって何だろうね?
その昔、日本にやってきた人が日本の農村を見て
みんな貧しそうに見えるけど、子ども達は生き生きと遊び
大人たちはその子ども達をやさしく見守り
みんなニコニコ暮らしている。
豊かなところだってようなことを書いてある記事を読んだ。
また、近所のおばちゃんは
戦後、大変、大変って言ってても
この辺は食べ物あるし、みんな仲良くしてたし、
大変な感覚なかったで~って言ってた。

そこにもどろうって提案はしたくないけど
少なくとも、投資家達ゲームに晒されることなく
地道にこれから続いていく暮らしのあり方を考えた方が言いと思う。

大実験ですね。アベノミクス。
成功しても、そのつけは、後世に回るし
失敗したら、ちょっと、酷い・・・・。(あー、考えたくない)
そうならないように、戦略を考え
一生懸命、先延ばしの手をうっていくと思うけど
けっこう、大変と思うよ。
どこからかの搾取でしかないもんね。正直言って。
まぁ、お金ってものを動かすから
結果早く見えるし、そうしないと、自民党のメンツたたんもんね。
結果、早いよね。
壊れるのも、早いよ。

田畑そのものの循環から、食べるものを得るというのが自然農の基本と思うけど
すごくないか?この考え!
自然というものは、循環の中に、私達の食べる余剰分まで組み込まれている!
僕は、たまたま紙漉きという仕事をしているけど
紙漉きもまた、畑の恵みを頂いても
同じように来年、同じだけの恵みをいただける仕事です。