仕事をする場所

しばらく綾部を離れて

もう一度、黒谷和紙を見てみる。

紙を漉きはじめて18年、
変わらぬままがいいのだろうが、
変わったことは、ずいぶん人の気配が消え

自然という力とそれと対峙してきた、又は共存してきた時代の重さが増したということ。
これからが大切だね。