色を重ねる

描きかけ途中で放ってた絵に

色を重ねる

削る

また重ねる

削る

もう決まったかなというところで

気に入らない場所があり

また重ねる

全くダメになる

散歩に行く

栗を拾う

帰ってきて

また重ねる

ドツボにはまる

いつものこと

終わらないから

明日にしよう

そして、また重ねる

削るの繰り返し


ようやく新作ができました。


新作の絵画は白い壁よりも、
いつか一緒に朽ちていくような土壁の上に展示したいと思う。
秋は特にそう思う。



こちらも新作


箱男箱女で展示をします。