箱男箱女

昼間。

風通しの良い薄暗い部屋。
石コロもって何かに怯えながらも

自分の中の小さな世界を空想しながら、

目を閉じて、、、。

窓の外からはいってくるノイズの中から、

心に響いてくる音を拾っているような時間
小さな箱の中の私は、

小さな箱の中で脱皮をしているのかもしれない。

箱から出たとたん、元の殻を被るのだけど。


初日在廊し、綾部に帰ってきました。

ずっと気になっていた渡辺遼くん、須田貴世子さん(2人は夫婦です)と一緒に展覧会ができたことをうれしく思うが

それ以上に、遼君が言った

「石ころのようなものを一生つくり続ける」

という言葉にはっとしました。
そして、彼らは、そのために貧しくても、考える時間、制作する時間を最優先した暮らしを作っていました。
石ころのような作品から伝わってくる、微かな振動、伝わると思います。

ギャラリー空の箱では

テーマに沿った展示と普段の仕事をご紹介する展示を分けています。

今回の作品展は多くの方に見てもらいたいと思います。
お時間ございましたら、是非お越しください。