石井直人

石井直人さんと空想時間Ⅱで再び展示をする。
モノの奥行き
土の記憶がとどまる
土とモノの距離感が空想時間へ連れて行ってくれる。
昨年は丹後の浦島太郎伝説の玉手箱を丹波の地に配置することによって、過去の丹波の国を連想させた。
今年はどんな作品が森の中に展示されるのだろう。