鈴木隆

森の中で、鈴木隆さんの作品に出会いました。


空想時間の会場の一番奥の小径に入ったところのいたるところに、作品は置かれていました。
小さな表現者が、自分の居心地のよい場所で、物思いにふけっているようです。



作り手にとって、もっとも心地よい作品の発表の場はそれぞれで、

それはギャラリーであったり、アートフェアであったり、クラフトフェアであったり、、、

作品が生き生きできる場で発表し、

そして、そこで出会う人達と思いを共有していけばいいと思います。
鈴木隆さんとの作品の出会いの場は、

何度も彼のDMのデザインをした時に、お礼としていただいたオブジェ達が、

うちの片隅、柱、食器棚にあり、

日々見ている中で、作品の背景に森の風景が浮かんでいたからです。






空想時間Ⅱ.準備整いました。皆さんのお越しお待ちしています。