クラフトフェアまつもと

クラフトフェアまつもとより無事帰ってきました。
やっぱり、野外展好きやな~。
しかもまつもとは好きな場所で好きなように展示ができるので
より自由度が増していきます。
5年ほど前から雨の日以外、簡易タープは使わず、極力自分で作ったもので展示をしています。
今回は縫い合わせた大きな帆布を掘っ立て小屋の柱、米を干す稲木で屋根を作りました。
場所は木陰を利用。
真ん中には和紙を貼った大きな什器を置きました。
サイズは2400mm×1100mmです。
この大きな什器に今回見ていただきたかった敷板を展示。
私の仕事は脇役のようなもの。
その為使ってくださる方のイメージを聞きながら、さらに先にできることを一緒に考える時間がとても豊かに感じます。
そして、今回は見ていただきたい人に見てもらえたと実感。
初日は話す時間もそんなになかったのだけど、2日目はじっくりお話しすることができました。
ハタノワタルのブースにお立ち寄りくださった皆さん、ありがとうございました。そして、フェアを作ってくださっているスタッフの皆様、お疲れ様です。ありがとうございました。
写真1・2・3は展示の様子。
写真4枚目は「てのひらに」テーマ展示です。「YESをためておく箱」多くのうれしいことや反省点、出会いがこのまつもとであったことに感謝し、オノヨーコさんのYESを作品にしました。オマージュです^^
写真5は山菜の女王「あまどころ」市場には出ない山菜でとてもおいしかったです。
写真6・根詰めて制作し、展示会が終わった後は、人気のないところに行きたくなります。森の中でリセットし、ここちよい気を取り込んでいきます。
さて、次行こ~^^