神戸O様邸

 

 

以前、和紙のご提案をさせていただいた神戸のO様邸の施工の写真です。


施工は、現地の表具師にしていただきました。
いるか設計集団の古民家移築の現場ですが、

お施主さんが提案した黄色の市松を気に入ってくださり、

設計士さんがかっこよくアレンジ。

これ勇気いるけど、ばっちり決まっています。
さすが、いるか設計集団!


床の間は腰貼りと黄色の地袋、グレーの襖。
色をたくさん使うと、こんなにも楽しくなる。
お客さん、お施主さんが楽しく宴会している様子が、頭の中に浮かんできます!


日本家屋の襖の役割、とても興味深いですよ。部屋の洋服のようなものと思っています。